2013年11月03日

iDrawでハートを描こう!

iDrawで描いたハート

Mac & iPadアプリのiDraw(下の画像はiPad版)↓



Illustratorがなくてもベクターデータの画像が書ける(しかもお手頃!)なアプリですが、かなり優秀で使い易いです。練習のためにハートを描いてみましたので図解します。

 〜iDrawを使ったハートの書き方〜
iDrawでのハートの描き方 (How to make a heart shape in iDraw - w/o Illustrator)

@ ハートの大きさとなる枠を決める。ここでは縦440px × 横500pxに
A 300px × 260pxの楕円を書く
B 楕円を25°左に回して枠に合わせる
C 楕円の下のアンカーポイントを下枠の真ん中まで引っ張る
D 左のハンドルを上にドラックしてハートの外側の形を決める
E Optionを押しながら右のハンドルを上にドラックして先端を作る
F オブジェクトをコピー、水平にフリップ、先端が重なるように右に動かす。右のオブジェクトを後ろに動かす(こうするとなぜか後でバウンディングボックスがまっすぐになります)
G オブジェクト二つを選択して、パスを合体。Shiftを押しながら横のサイズを500pxに合わせて調整
H 出来上がり。色を付けたり大きさを変えたり、、デコレーションしましょう!

もちろんこのイラストもiDrawで作っています。きれいにできてますよね??イラストレーターよりも機能は少ないですが、逆にシンプルで使い易いです。デスクトップ上の見た目や操作性もなかなか。Mac版はPSD、PDF、SVG、PNG、GIF、JPEG、TIFFに、iPad版はPDF、SVG、PNG、JPEGに書き出しできます。

これで自分の好きな図形が楽しく作れそう!

Mac版はこちら(2,500円)


iPad版はこちら(900円)


***


ラベル:iDraw Mac iPAD
posted by Apple at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Macアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

表参道5分のトータルビューティーサロン Agnos 青山
ヘア、ヘッドスパ、メイク、ネイル、エステ。男性もどうぞ www.agnos.jp

***
アイ・ウェーブ(eye wave)アイトリートメント
眼精疲労の改善・視力向上(近視・老眼)、目元・頬のリフトアップ・血行促進に!
30分5,400円(初回)で眼と目元のケア!詳細はこちら>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。